図1
2019.10.07

長崎市茂木町では「宿運営」をテーマに計3回のカレッジを開催します。2回目となる今回は、<アルベルゴディフーゾ概 […]

2019 里山のおだいどこ_191005_0017
2019.10.05

キウイの旬っていつかご存知ですか? 南国系フルーツのイメージが強いので夏が食べ頃と思われている方も多いのですが […]

図1
2019.08.19

今年度、長崎市茂木町では【宿・地域経営】をテーマにムラたび九州カレッジを3回実施予定です。第1回目のテーマは「 […]

8月2日 ゴーヤのワークショップ_190804_0030
2019.08.04

今年度のムラたび九州カレッジ・基礎講座は、【宿・地域経営】をテーマに、茂木まちホテルツーリズム協議会(長崎県茂 […]

2019 里山のおだいどこ_190705_0003
2019.07.05

八女の里山で農業や食に関わる「母の膳推進協議会」の皆さんが、ゴーヤの収穫とおやつづくり体験の参加者を募集してい […]

スライド1
2019.01.07

2018年はムラたび九州の取り組みも新たな展開を迎え、九州各地でテーマ別にカレッジを開催してきました。 また年 […]

タイトル
2018.10.09

長年受け継がれてきた先人の知恵や技が色濃く残る熊本県人吉球磨地域。この地域で『食』を軸とした“人づくり”を実践 […]

miare1
2018.08.10

福岡県宗像市を拠点に地域づくり活動を行う「宗像鯱の会」主催、九州ツーリズム・コンソーシアム「ムラたび九州」共催 […]

ムラをデザインする

“ムラの命をマチの暮らしに、マチの力をムラの生業に”をコンセプトに、持続可能なムラの姿をデザインし、地産地消・自然との共生・その地に住む「常民」の言葉・知恵を次世代・世界へと伝えるため、地域の実践者と共に挑戦していきます。

STEP1)ムラ風アンケート(調査)
そのムラをカタチづくる地域の「風土・風景・風物・風味・風習・風俗・風評」からなる7つのムラ風アンケートを行い、その地域の特性やポテンシャルを探ります。

STEP2)ムラ茶話議(さわぎ)(ブレーンストーミング)
地域のキーマンやリーダーたちと、ムラの歴史や資源を紐解き、持続可能性なムラづくりに向けて協議を重ねていきます。

STEP3)ムラ塾(人材育成、研修)
地域住民や次世代を担う人材を中心に目指すべき「ムラの姿」を共有。外部専門家や九州のムラネットワークを活用しその道のプロ・実践者との交流を通じノウハウやスキルを身に着けていきます。

STEP4)ムラの生業づくり(商品づくり)
ムラの資源を活用し、マチとの交流(来訪・購入・応援サポート等)できるカタチづくり、仕組みづくりをしていきます。

STEP5)ムラの応援団(サポート)
デザインしたムラの姿を継続運営させ、次世代へ繋げていきます。