旅をしながら農業してみませんか?

Posted on

旅をしながら農業してみませんか?

福岡県八女市の里山で、農業や農家民宿、食に携わる20-80代の幅広いメンバーが、四季を感じる暮らしや食の愉しみを分かち合いたいと活動している『母の膳推進協議会』さん。2年前より九州のムラも活動のおてつだいをしています。
メンバーで農業を営む中島健介さんは、「農家も高齢化してきて日々の農作業自体も次第に体力的にきつくなっている。都市部の労働力が農村にあれば・・」といつもお話されてらっしゃいました。
メンバーには3年前に新規就農でU・Iターンをしてきた20代もおり、この地で農業を続けていく可能性はあり、実際に八女市立花町には専業農家も多く、特にキウイフルーツは日本一の生産量を誇ります。

そこで今回、農村に滞在しながら農業を手伝ってくれる方を募集してみよう!ということになりました。
宿泊施設は農園のすぐ近くにあるキャンプ場「夢たちばなビレッジ」。お部屋は他の参加者と相部屋になりますが、大きな浴場もあり、エアコンも完備。フリーWi-Fi・作業テーブルもありますので、リモートで仕事や勉強もできる環境も揃ってます。

◆お手伝い内容
A)畑のお手入れ・キウイの苗穴づくり
キウイの枝を農家の方が切り落とすので、それを束ねてトラックに積み込んだり、燃やしたりする片付けや、キウイの苗を植えるための準備のお手伝い。
B)ミカンの出荷(梱包)準備
道の駅や直売所へ出荷するミカンの袋詰めのお手伝い。
C)キウイの枝刈り・竹林の整備のおてつだい
農家の方がキウイの枝や竹林を伐採するので、それを燃やしたり、片付けをするお手伝い。
※天候によっておてつだい内容は変わることがあります。現地で相談しながら決めていきましょう。

◆募集日程
2020年12月16日(水)~12月18日の2泊3日
2021年 1月13日(水)~17日(日)の内の2泊3日
※農村に滞在しながら農家のお手伝いをしてくれる方を募集しますが、ご自宅から通える方は通いでもOKです。また1日のみのお手伝いなら可能という方もお気軽にお問合せください。

スケジュール(例)
09:00 – 12:00:畑のお手入れ・キウイの苗穴づくり
12:00 – 13:00:お昼休憩(お料理上手なカヨさんの賄い飯)
13:00 – 16:00:キウイの枝刈り・竹林の整備のおてつだい

◆時給 900円

◆必要なもの:
長靴、帽子、汚れても良い服装、洗面道具、寝巻(寝る時に着る服)、
、あとはやる気も忘れずに!!!

◆その他・備考:
朝晩の食事は各自で自炊をしていただきます。近くのスーパーまで自動車で5分、自転車で10分(自転車は貸出ます)。
集合場所は「農家民宿 大道谷の里」になりますが、マイカーでお越しではない方は最寄り駅(JR「羽犬塚(はいいいぬつか)」まで送迎します。

◆お申込・お問合せ先◆
WEBから申込む>>コチラ
メールで問い合わせる>>hahanozen@gmail.com

農村を旅しながら、もっと地元の方と交流したい方、将来農家を目指している方、農村に暮らしてみたい方、応募動機は問いません!皆さんにお会いでき、語り合えることを楽しみにお待ちしてます!!

◆母の膳推進協議会 農業メンバー

健介さん
<中島健介さん>農業歴50年のベテラン農家さん。
「筍・ゴーヤ・キウイ・みかん・野菜などをつくり、農業を通じた都市農村交流もしています。地元の大学で農業や農村活性についてお話することもあり、若い方のパワーが農村に必要だと実感しています」

かよさん1
<中島カヨさん>お料理上手な農家のお母さん。
「立花町はキウイの産地。キウイ農家秘伝の美味しいキウイのお菓子の作り方も教えますよ」

たくやくん
<田中拓哉さん>新規就農3年目。
「家業を継ぐためUターンし、伝承拓ファームという屋号で、筍・キウイ栽培をしてます。豊かな自然と美味しい野菜・果物が豊富な立花へぜひ、いらしてください!」

るいくん
<小山瑠偉さん>新規就農3年目
熊本からIターンで農業を始めるために3年前に移住してきました。レタスやゴーヤなど野菜が主ですが、今年からマスカット栽培もしてます。農業の大変さ・面白さはもちろん、農村の暮らしの豊かさを実感してます」

しんやくん
<田中信也さん>新規就農2年目
「キウイを主に作っています。オーストラリアに行った際にワーキングホリデーで農家の手伝いをしたことがきっかけで昨年から家業を継ぎ農業を始めました。皆さんにも農業の面白さを知ってもらいたいです!」

◆宿泊施設
夢たちばなビレッジ>>HP
※お部屋は他の参加者と相部屋になります。

[アメニティ]
無料Wi-Fiあり。バス(ボディーソープ・シャンプー・リンス有)・トイレ・台所は共同です。冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、炊飯器、調理器具、布団の貸出有。
宿泊場所の外観宿泊場所_部屋

ムラたび九州カレッジin八女 1回目開催しました

Posted on

今年度のムラたび九州カレッジ・基礎講座は、【宿・地域経営】をテーマに、茂木まちホテルツーリズム協議会(長崎県茂木町)さんと共催で3回、【食】をテーマに、母の膳推進協議会(福岡県八女市)さんと共催で3回、【インバウンド】をテーマにくらたび臼杵(大分県臼杵市)さんと共催で1回、開催予定です。

8月2日(金)は「母の膳推進協議会」さんと【食】をテーマとしたムラたび九州カレッジを開催致しました。「母の膳推進協議会」は、長年食にまつわる活動をしていらした田中真木さんを筆頭に、農家民宿「大道谷の里」の中島加代さん、星野村の農家民宿「ふみちゃんのみそ汁屋さん」の後藤富美子さんらが、これまでの活動を次世代へ継承していくことをテーマに立ち上げた団体です。メンバーにはIターンで新規就農を始めた20代の若手もおり、彼らが地域に生業を持って根付いていける取組みにも挑戦し、泊・食・体験分離型のムラたびを八女の立花町・星野村でどのように展開していけるかを今年度は検討していきます。

第1回目となる今回の講座は、地元のお母さんたちを中心に「地域にある素材の素晴らしさ」を改めて実感して頂き、どのように、その「暮らしの知恵」を次世代へ繋げていけるか、また「食」を通じた小さなコミュニティビジネスやツーリズムの展開ができるかの可能性を感じて頂ける切っ掛けになればと企画。

講師に(一社)ムラたび九州の代表理事 本田節さんをお迎えし、旬の素材である「ゴーヤ」をテーマに、地域の食資源を見つめ直す講座とお料理づくりを行いました。参加者にはそれぞれゴーヤで作ったお料理を1品持ち寄って頂くと、テーブルの上には13種類のお料理がズラリ。それに加えて料理づくり体験で6品作り、全19品のゴーヤ料理が完成!中にはゴーヤの種やワタも使った料理があり、まさに「一物全体」命の全てを頂く体験が出来ました。

参加された方々も「自分は農家だが、種もワタも使って料理が出来ることを始めて知った」、「1つの食材でこんなに料理のレパートリがあることに驚いた」、「この女性パワーを自分の地域でも活かしていきたい」など大変満足して頂いたようです。「食」をきっかけに、女性のパワーを活かして楽しく活動できる新たな動きが誕生してくれる事と思います!

8月2日 ゴーヤのワークショップ_190804_0030

01

82ゴーヤのワークショップ_190804_0044

==============================
ムラたび九州カレッジ2019 今後のスケジュール
==============================
■基礎講座
9月2日(月)【宿】様々なスタイルの「宿」運営
10月8日(火)【食】ムラ食とインバウンド
11月8日(金)【地域経営】アルベルゴディフーゾ概論
12月16日(月)【地域経営】アルベルゴディフーゾ実践編
1月21日(火)【食】ガストロノミツーリズム(スペイン・バスク地方)の現場
2月21日(金)【インバウンド】外国人観光客が求める情報と発信の方法

■ビジネス研修
11月25日(月)-26日(火)五感で伝えるインタープリテーション~地域資源に付加価値を付ける~

■実践報告会
2月3日(月)ー4日(火)九州農泊事業実践報告会

8月3日(土)「ゴーヤdeおやつづくり」体験しませんか?

Posted on

Sketch001

八女の里山で農業や食に関わる「母の膳推進協議会」の皆さんが、ゴーヤの収穫とおやつづくり体験の参加者を募集しています!

夏の定番野菜といえば「ゴーヤ」ですよね。暑くなると、あのほんのり苦みの効いた味が食べたくなります。でも、ゴーヤチャンプルー以外にレシピが思い付かない…という方も多いのではないでしょうか?夏の里山で八女のみなさんと一緒にゴーヤを収穫し、手軽に作れてしっかり栄養も取れる夏バテ解消料理を作りましょう。畑ですくすく育った採れたて野菜は元気いっぱい!スムージーや白玉などゴーヤを使ったスイーツで里山の食を楽しみませんか?

■八女の里山おだいどこ 収穫と料理教室 vol.1 『ゴーヤdeおやつ』

開催日 :2019年8月3日(土)10:00ー15:00 (受付/9:30ー)
集合場所:農家民宿 大道谷の里(福岡県八女市立花町白木4578-1)
参加費 :2,500円(ランチ&お土産付)
定  員:10名
対  象:20歳以上の女性 食に関心のある方
注意事項:雨天決行。エプロンをご持参ください。動きやすく汚れても良い服装、歩きやすい靴でご参加ください。

お申込は下記アドレスよりお申し込みください。
>>https://bit.ly/2XaKfId

 

◆当日のスケジュール◆
10:00集合(受付/9:30~)→ゴーヤ畑で収穫体験 →八女のお母さんてづくりランチ →ゴーヤを使ったおやつづくり(試食&八女のみなさんと交流)→15時解散予定

2019 里山のおだいどこ_190705_00022019 里山のおだいどこ_190705_0001
(写真はイメージです)

◆生産者さん◆
2019 里山のおだいどこ_190705_0005

田中 拓哉さん(田中農園15代目。「母の膳推進協議会」メンバー)
Uターンで就農し、「伝承拓ファーム」という屋号で活動。先人の思いを受け継ぎ次世代の自分たちが出来る方法で農業を実践してきたいと奮闘中。ゴーヤ、栗、キウイなどを生産されてらっしゃいます。

◆お料理の先生◆
2019 里山のおだいどこ_190705_0004
中島 加代さん(農家民宿「大道谷の里」女将、「山の神工房」運営、「母の膳推進協議会」メンバー)
農林水産省「農林漁家民宿おかあさん100選」に選ばれた食の達人。今回は夏野菜「ゴーヤ」をスイーツ等にアレンジした料理を教えていただきます。

 

[主催・お問合せ]
母の膳推進協議会
TEL:090-4988-0491
E-mail:hahanozen@gmail.com(担当:田中)

[母の膳推進協議会とは]
八女の里山で農業や農家民宿、食に関わるメンバーが、里山の四季を感じる暮らしや食の愉しみを皆さんと分かち合いたいと活動しています。シリーズ「八女の里山おだいどこ」は今年度、季節ごとに八女の食の魅力を伝える集いを開催します。次回は秋に「お米」をテーマとして開催予定!どうぞお楽しみに。(本事業は「令和元年度農山漁村振興交付金(農泊推進対策)事業」にて実施されています)

2019 里山のおだいどこ_190705_0003