【報告レポート】農業を生業に。里山で暮らすということ(福岡県八女市)

Posted on


 
2021年12月、福岡県八女市立花町で「ムラ暮らしインターン」が開催されました。その様子を動画と写真でレポートいたします!

(※ムラ暮らしインターンは、田舎暮らしや就農希望者に関心の高い方々に「農山・漁村を知ってもらう」ことで、将来的に農山漁村で農林水産業に就業するためのきっかけづくりを行うプロジェクトです。)

 

▼“福岡県八女市立花町”ってこんなとこ

熊本県と福岡県の県境に位置する八女市。八女地方で生産されるお茶は高級玉露として全国でも有名で、全国茶品評会で20年連続で農林水産大臣賞と産地賞を獲得しています。八女福島地区には城下町の面影を残す町並みが残っており、製ろう・酒造・和紙・製茶など諸産業の会所・問屋が多かったこともあり、大規模な古い瓦葺・妻入の町家が建築が並んでいます。現在はこれらの歴史的建造物の維持活用のため移住者らも入り、セレクトショップやカフェ、ゲストハウスなどに利用されています。


 
 

▼現地パートナー
「母の膳推進協議会」

農業や農家民宿、食に携わる20-80代の幅広いメンバーが、四季を感じる暮らしや食の愉しみを分かち合いたいと活動している団体。収穫体験・田舎料理やおやつづくり・味噌づくりをはじめ、しめ縄づくりなどの田舎体験などを提供されています。


 

▼八女市での”ムラ暮らし”体験

収穫シーズン真っ盛りの時期に、みかん農家さんのお手伝いをしながら里山暮らしを体験。雨の日はハウス栽培でトマトを栽培されている農家さんでの研修も行いながら、農業を生業にするということ、地方で暮らすということを体験して頂きました。


 

▼参加者コメント

参加者の皆さんからはたくさんの感想をいただきました!
仕事の魅力、地域の魅力、一部ですがご紹介します。

【仕事の魅力】
・食材となる食物に興味があるので、出荷されずに多くのみかんが廃棄される事を知り、これだけの手間をかけて、もったいないと感じました。先代のみかんの木に対する思いなども聞かせて頂き、商売もだけど、農業も又、いろんな思いをかけていくことによって、いろんな発展があると思う気がしました。

・製品の魅力を知り、関東にはない品種の美味しさに気付きました。生産者の方の新しい品種に挑戦するお話を聞いて、成功した時の喜びや苦労も知ることが出来ました。

【全体的な感想・学べたこと】
・出会った人々との会話を通して、その人達の人生を知れたことが大きな収穫です。地元の食材を使って料理をしたり、畑の中で育ったものを使うアイデアなども湧いてきました。

・研修パートナーの皆さん、農家さん、地域の方など、みなさんが親切で、気持ちの良い方ばかりでした。八女が好きになりました。

・地元のお母さんが元気で、食べものが美味しかったこと。最後のしめ縄作りが楽しく、おそばが美味しくて、家でも作ろうと思います。

『~立花町の食の心を受け継ぐ~里山料理研究会』開催のご案内

Posted on

この度、福岡県八女市で都市農村交流に取組む団体「母の膳推進協議会」と連携をし『~立花町の食の心を受け継ぐ~里山料理研究会』を3回シリーズで開催する事に致しました。

八女の里山の魅力は何といっても豊かな自然とそこで摂れる農産物。立花町にある豊かな農産物を活用し、食文化を共に学び、里山の暮らしの豊かさを次世代へ繋げたいと、食の達人揃いである「母の膳推進協議会」の皆さんを講師とし、地元の農家さんや主婦の方をはじめ、学生さんや料理に関心のある方々も広く参加頂ける場を作りたいと思っています。

第2回目となる今回は「ぬか床」を題材に開催します。

かつてはどの家庭でも作られていた「ぬか床」。母から子、子から孫へと、家庭の味として受け継がれてきたものですが、今ではご自宅で「ぬか漬」を作られる方も少なくなってきたのではないでしょうか。元々は「保存食」として各家庭で作られてきたものですが、平成25年12月に「和食:日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産へ登録され「日本食と食文化」への国内外の評価が高まったことで発酵食品が再注目され始めています。

今回、講師を務める田中真木さんは、毎朝の日課は「ぬか床」のお手入れから始められるそうです。毎日、手を入れることで美味しい「ぬか漬」を作ってくれる菌が育ってくれのだそうです。そんな真木さんから、日々のお手入れのこと、保存のこと、美味しいぬか漬けの作り方などを語りながら、一緒にぬか床を作ってみませんか。 皆さまのご参加を是非お待ちしております。

~立花町の食の心を受け継ぐ~ 『里山料理研究会』第2回
開催日:2021年12月7日(火)10:00ー12:00 (受付/9:30ー)
場 所:旧大内邸(福岡県八女市立花町白木3245)
参加費:1,000円(材料費)
定 員:10名 定員に達しました
持ち物:ぬか床を持ち帰るための容器(密閉できる壷やタッパーなど。約2.8L~3.0L程度入る大きさ)

問合せ・申込先:母の膳推進協議会

★定員に達しましたので急遽、オンライン参加の受付を開始しました。
お申込は>>コチラ

◆当日のスケジュール◆
10:00スタート(受付/9:30~)
真木さんの“ぬか床”研究会
・ぬか床の作り方、手入れの仕方、お漬物料理のことなど
お話
・真木さんブレンドのぬか床づくり体験
・意見交換

→12時解散予定

■お料理担当■
田中真木氏

■お料理担当■
田中真木氏

母の膳推進協議会 会長
白城の里 旧大内邸生活文化研究会 会長

福岡県八女市立花町にある白城の里(しらきのさと)「旧大内邸」は明治から昭和初期にかけて、政治家として、その後は東亜同文書院の院長として、日中友好親善につとめた大内暢三(ちょうぞう)の生家を一般公開し、生涯学習・文化交流・地域振興の施設として活用されている。
1998年 荒廃が進む旧大内邸を「立花町の財産としてどうしても残したい。」という強い想いで保存会を立ち上げ、署名運動、募金運動(かわら一枚運動)等を行なう。2000年 熱い想いと保存運動の結果、旧大内邸は、立花町に寄付され、町の有形文化財として保存が認められる。
2001年 1年間に渡る修復工事を終え、見事に甦り、白城の里「旧大内邸」としてオープン。会長を務める白城の里 旧大内邸生活文化研究会で金・土・日のみ料理を提供する。おもてなし家庭料理「母の膳」が評判となり、全国からファンが訪れている。

木になる気になるキウイ♪ 収穫体験とキウイのおやつ作りイベント開催します

Posted on

kiwi

キウイの旬っていつかご存知ですか?
南国系フルーツのイメージが強いので夏が食べ頃と思われている方も多いのですが、実際に収穫されるのは10月中旬から。なので、今は収穫の真っ盛り!
ちなみに福岡圏は全国でも第2位の生産量を誇り、中でも八女市は産地として有名なんです。

そこで、八女市で里山の暮らしを伝える活動をしている母の膳推進協議会さんと一緒に、キウイの収穫体験とキウイを使ったおやつづくりイベントを企画しました♪

「木になっているキウイ」を見に来ませんかー?
元気に育ったキウイ収穫の後は、食の達人カヨさん(中島加代さんは農家民宿「大道谷の里」を経営)の立花町の食材を使った美味しいランチと、キウイを使ったSweets作りも楽しみます。

みなさんのご参加をお待ちしております!

2019 里山のおだいどこ_191005_0018


【八女の里山おだいどこ「収穫と料理教室 vol.3 キウイ no 収穫祭】

■開催日:2019年11月10日(日)10:00-15:00
■参加費:2,500円(キウイのお土産付)
■募 集:20名(20歳以上の食に関心のある女性の方)
■お申込は>>コチラ
■チラシを見る

注意事項:雨天決行。エプロンをご持参ください。動きやすく汚れても良い服装、歩きやすい靴でご参加ください。

◆当日のスケジュール◆
10:00集合(受付/9:30~)→キウイ畑で収穫体験 →食の達人カヨさんの八女の手づくりランチ →キウイを使ったおやつづくり(キウイ大福、キウイソースなど)→15時解散予定

★キウイで大福!つくります★
いちご大福、とまと大福と色々あるけど、「キウイ大福」はなかなか無いのでは?
今回はキウイ農家でもある加代さんにキウイを使った大福や、ソースなどなど、美味しい料理も教えて頂きます♪
kiwi1

◆生産者さん◆
2019 里山のおだいどこ_191005_0015

田中 拓哉さん(田中農園15代目。「母の膳推進協議会」メンバー)
Uターンで就農し、「伝承拓ファーム」という屋号で活動。先人の思いを受け継ぎ次世代の自分たちが出来る方法で農業を実践してきたいと奮闘中。ゴーヤ、栗、キウイなどを生産されてらっしゃいます。

◆お料理の先生◆
2019 里山のおだいどこ_191005_0016

中島 加代さん(農家民宿「大道谷の里」女将、「山の神工房」運営、「母の膳推進協議会」メンバー)
農林水産省「農林漁家民宿おかあさん100選」に選ばれた食の達人。今回は「キウイ」を使ったおやつの作り方を教えて頂きます。

 

[主催・お問合せ]
母の膳推進協議会
TEL:090-4988-0491
E-mail:hahanozen@gmail.com(担当:田中)

[母の膳推進協議会とは]
八女の里山で農業や農家民宿、食に関わるメンバーが、里山の四季を感じる暮らしや食の愉しみを皆さんと分かち合いたいと活動しています。シリーズ「八女の里山おだいどこ」は今年度、季節ごとに八女の食の魅力を伝える集いを開催します。星野村で寒造り味噌を仕込む「手作り oh! 味噌」(2020年1月25日定 )を開催予定です。(本事業は「令和元年度農山漁村振興交付金(農泊推進対策)事業」にて実施されています)