【ムラ暮らしインターン】漁師町でマルチワーカーとして暮らす6泊7日間(熊本県天草市)

Posted on

熊本県天草市行われた「ムラ暮らしインターン」の様子を動画と写真でレポートいたします!

(※ムラ暮らしインターンは、田舎暮らしや就農希望者に関心の高い方々に「農山・漁村を知ってもらう」ことで、将来的に農山漁村で農林水産業に就業するためのきっかけづくりを行うプロジェクトです。) 

 

動画で見る熊本県天草市の「ムラ暮らしインターン」

 

▼“熊本県天草市”ってこんなとこ

熊本駅から車で約2時間。東シナ海に面した天草市でも最南端に位置する魚貫町が研修の舞台です。国立公園やジオパークに指定された美しい自然景観や世界文化遺産に指定された潜伏キリシタン関連遺産などの名所も多くあります。温暖な気候を生かした農業と漁業のほか、透明度が高く風光明媚な海を活かしたカヤックやSUP(スタンドアップパドルボード)などのアクティビティも盛んです。

 

 

 

▼現地パートナー
「天草レストハウス結乃里」

魚貫町でも特に風光明媚な岬の先端にある自然学校「天草レストハウス結乃里」が今回の研修拠点。研修生には、オーシャンビューのレストハウスに滞在しながら宿泊施設の運営管理やマリンアクティビティガイド、フットパス等の観光ガイドの体験して頂いた他、集落の方々の指導のもとで漁業や農業等の実体験にも参加いただき、まさにマルチタスクなムラの暮らしを経験して頂きました。

 

▼天草市でのムラ暮らし体験

今回のムラ暮らし体験は、農業、漁業、宿泊業、ガイド業と多岐に渡りました。というのも魚貫崎で生計を立てていくには、一つの生業だけではなく、季節や天候に応じて様々な生業を兼務できるスキルが求められるからです。格好良く言うと晴耕雨読的な暮らしですが、様々な分野の知識やノウハウが必要な厳しさも実感して頂けたのではないでしょうか。

 

・漁業研修
魚貫町で地区の区長を務める漁師歴20年の大西さんの指導のもと、未だ真っ暗な早朝の海に船で繰り出し、網の仕掛け、漁獲、水揚げ・出荷、網の手入れなどを実際に指導いただきました。自分達で獲った魚を市場に出荷し、競りにかけられる様子を目の当たりにでき、漁業で生計を立てる喜びと厳しさを体感していただきました。

 

・宿泊業研修
宿泊業の実地体験として、部屋や共用スペース等の清掃作業を行っていただきましたが、最も指導いただいたのは、ムラのなかでの宿泊業のあり方です。「宿泊業は地元の人との関係を大事にしないと成り立たない。約束を守ることと継続すること。地元の人に利益を提供することが重要」との代表の言葉に、研修生も宿泊業の奥深さを感じていました。

 

 

 

▼参加者コメント

・1日1日の生活が「生きること」につながっていて、都市部にはない自然と葛藤するとともに、時間があれば地域の手伝いをしていくことで、自分自身ではない誰かのためにと思い、周りとの協力で生活が出来ている。難しくもありながら自分自身が成長できる仕事だと思いました。趣味を楽しみながら、自分が楽しむのを周りに与える仕事ではないでしょうか。

・本当に自然のままでの生活が出来て、山・海がすぐ近くにありリラックスできました。今後の自分の仕事にこの地域を活用できることがわかったので、取り組んでいきたいと思います。このような場所でも地元の方は不自由さを見せずに全体で物事をやる姿や、みんなが家族のような関係性みたいなのがとても印象に残りました。

・漁船の研修で朝4時から船に集まって網の入れ込みをして海に出たり、その後セリ市場へ行って、その様子を生で見せてもらったことは特に印象的です。テレビでしか見たことがなかったので、とても良い経験になりました。農業の面では実際に自分たちで土地を耕して苗を植えたり、手入れをできたことも楽しかったです。自分たちの力で自給自足をしている姿を見ることができ、とても勉強になりました。

・SUP体験を初めて経験して、楽しいだけでなく色々なことを勉強しました。漁師体験の際は、船舶免許をもっていたので舵をとらせてもらえたりと、ただの体験におさまらない「仕事としてどう感じるか」を主とした体験プログラムは、かなり身になります。そして今後のことを考えるきっかけになると思います。何よりムラの人達が、コロナ禍の中でもとても優しく、快く受入れてくださったことが本当に嬉しかったです。孫みたいに思っているといわれたことが忘れられません。将来のことは未だ考えがつかないけれど、遊びや地域の人たちに会いに来るという目的では、必ず来たいと思いました。 

 

▼受入先コメント

過疎化・高齢化が著しい当集落に、都会に暮らす若者(40歳代・50歳代の方々も当地では若者です)が、1週間もの間、滞在し、集落の様々な方々と研修活動に取り組んでいただいたことで、大いに元気をいただきました。当集落では、漁業や宿泊業など一つの仕事だけで生計を立てていくことは容易ではありません。今回の研修を通して、様々な生業を掛け持ちしながら、この大自然のなかで自分らしい暮らしをしていく方法を感じていただけたら幸いです。いつでも部屋は空いていますので、研修生の皆さんと近いうちにお会いするのを楽しみにしています。