図1

ムラたび九州カレッジ@茂木 第1回開催のご案内<9月2日(月)>

Posted on

今年度、長崎市茂木町では【宿・地域経営】をテーマにムラたび九州カレッジを3回実施予定です。第1回目のテーマは「農山魚村(田舎)に泊まる魅力の創り方とムラまるごと地域づくりー様々なスタイルの「宿」運営ー」。旅のスタイルの変化と共に、農村漁村での宿泊も、農家民宿・ゲストハウス・グランピングなど多様になってきています。

そこで今回は、それぞれ異なる宿泊施設を運営している方々をゲストにお迎えし、どのようなお客様を対象に、どのような運営・もてなしをしているのかをじっくりお話を聞きします。

地域にある様々な資源・施設を活用し、それらを連携することで、その地での滞在時間も長くなり経済効果も期待できます。ご自身の宿・施設だけでなく、地域全体に目を転じて、地域をコーディネイトしていくトレーニングを全3回を通じて行っていく予定です。農村漁村での滞在型観光、インバウンド観光、観光地域づくりに関わっている方、ご興味のある方、どなたでもご参加頂けます。皆さまのご参加をお待ちしています!

ムラたび九州カレッジ2019@茂木 「第1回 農山魚村(田舎)に泊まる魅力の創り方とムラまるごと地域づくりー様々なスタイルの「宿」運営ー」

日時:2019年9月2日(月)13:30~17:00 (受付:13時~)
場所:NAGASAKI HOUSE ぶらぶら(長崎県長崎市茂木町2190-11 ☎095-836-0306)
費用:無料。ただし、交流会(3,000円)・宿泊(4,200円~)を希望される方は実費が必要です。
申込:コチラから

■主なスケジュール
<事例1>
「農家民宿」という宿運営スタイル
講師:藤瀬吉徳氏(佐賀県三瀬村 農家民宿「具座」宿主)

<事例2>
「グランピング」という宿運営スタイル
講師:加悦 典子氏(福岡県福津市 「グランピング福岡 ぶどうの樹~海風と波の音」)

<事例3>
「ゲストハウス」という宿運営スタイル
講師:岩本諭氏(長崎県長崎市 つくるのわデザイン) 

<WS>「まちホテル構想」茂木まちホテルツーリズム協議会

■交流会&宿泊も可能です!
講義の後、参加者とBBQ交流会も開催。
参加費(交流会3,000円)、宿泊費(4,200円~)は当日受付でお支払いください。宿泊された方を対象に翌朝、漁村の暮らしを感じる「早朝さんぽ」をご案内。その日の朝に水揚げされた新鮮な魚を販売するリアカー市見学も行います♪

★チラシをダウンロード★

スライド1

「平成30年度ムラたび九州カレッジ 総集編」開催します

Posted on

2018年はムラたび九州の取り組みも新たな展開を迎え、九州各地でテーマ別にカレッジを開催してきました。
また年末にはフランス・パリにて個人のお客さまや旅行会社に向けたプロモーションも実施し、フランスの方々のニーズを直に聞くことができ、ムラたび九州としての役割も改めて見つめなおすことができました。

このような2018年の取り組み報告も兼ね「ムラたび九州カレッジ総集編」を2月2日に開催予致します

【平成30年度ムラたび九州カレッジ 総集編】
日 時 2019年2月2日(土)14:00~17:00 (受付13:30~)
場 所 熊本県球磨郡あさぎり町「せきれい館」(熊本県球磨郡あさぎり町深田西955-1  ☎0966-45-0665)
定 員 100名
受講料 無料
    (交流会費3,000円、宿泊費1泊朝食5,500円は希望者のみ別途かかります)
お申込み https://goo.gl/J7f4nG

◆プログラム◆
第1部
ムラのお母さんたちと、「これまでの“ムラたび”、これからの“ムラたび”について語ろう!

第2部
九州各県の「ムラたび実践地域」の事例
・宗像市(福岡県)・三瀬村(佐賀県)・人吉球磨(熊本県)・南さつま市(鹿児島県)

◆エクスカーション◆
カレッジ翌日に、あさぎり町を巡るフットパスもご用意してます。

スライド1

ムラの元気の源のお母さんが大集合し、和気あいあいと議論を深めていく予定。
各地域のカレッジに参加できなかったみなさんも総集編でハイライト的に学ぶことができますよ。ぜひみなさまのご参加お待ちしています。

2

『ムラたびカレッジ』2018 開催計画

Posted on

昨年度、九州内のツーリズムの先駆者たちが集い立ち上げた“九州ツーリズム・コンソーシアム「ムラたび九州」”
今年度は、ムラを活性化する次世代の人材育成の講座をテーマ別に各地域で開催致します

<開催地とテーマ>
「ムラにインバウンド」福岡県宗像市
「ムラに泊まる」   佐賀県三瀬村
「ムラで遊ぶ」    宮崎県延岡市
「ムラの旨食」    鹿児島県南さつま市
「一年間の総集編」  熊本県あさぎり町

==============================
◆ムラにインバウンド (福岡県宗像市)
主催:宗像鯱の会
==============================
この講座では、現在営まれている本業や、地域の資源を活かすことで、外国⼈旅⾏者をムリなく受⼊し、地域づくりにつなげていくポイントを実践的に修得します。現在、すでに観光関係の事業に携わっている⽅はもちろん、これから「インバウンドって何んぞや?」と関⼼をお持ちの⽅も、ぜひご参加ください!

第1回「農⼭漁村に泊まる」×「インバウンド」で、地域を活かす!〜インバウンドの可能性〜
8⽉27⽇(⽉) 15時〜17時  講師:エバレットケネディブラウン⽒  藤瀬吉徳⽒

第2回海外の⽅々がムラに泊まるとは?〜外国⼈旅⾏者に選ばれる地域に必要なコト〜
9⽉30⽇(⽇)15時〜17時  講師:パルマタイラー⽒  飯⼲淳志⽒  島村奈津⽒

第3回地域の⾃然資源を活かしたインバウンド受⼊実践〜⼤⼈の「野遊び」が地域を動かす!
10⽉29⽇(⽔)15時〜17時  講師:後藤健市⽒  ⼭⼝久⾂⽒  枌⼤輔⽒

詳細は、こちらよりPDFをダウンロードの上ご参照ください。

お申込みは、こちらの専用フォームよりお願いいたします。

==============================
◆ムラに泊まる (佐賀県三瀬村)
主催:三瀬村農泊推進協議会
==============================
ムラに泊まる醍醐味とは?この地域だからこそ提供できる価値「ムラたび」を実践していきます。

第1回 農山村(田舎)に泊まる
 9月 3日(月)13 時 30 分 ~ 17 時 30 分
<講師:江藤理一郎(木魂館)、飯干淳志、本田節、小金丸麻子>

第2回 農山村(田舎)へ客を呼び込む方法
10月10日(水)13 時 30 分 ~ 17 時 30 分
<講師:菊池秀一(阿蘇山上観光復興グループ会長)、養父信夫、南謙三、二田茂行>

第3回 農山村(田舎)への泊まり方
11月 5日(月)13 時 30 分 ~ 17 時 30 分
<講師:吉澤寿康(ゲストハウス阿蘇び心)、加悦典子(ぶどうの樹)、髙瀬伶(ゲストハウスHAGAKURE)、下津公一郎>

第4回 農山村へ泊る魅力の創り方と集落まるごと地域づくり
12月10日(月)13 時 30 分 ~ 17 時 30 分
<講師:九州農政局、本田節、飯干淳志、養父信夫>

お申込・問合せ
認定NPO法人地球市民の会(TPA)内   
TEL.0952-24-3334  FAX.0952-26-4922  
Eメール: office@terrapeople.or.jp
http:// terrapeople.or.jp/main/1102

==============================
◆ムラの旨食 (鹿児島県南さつま市)
主催:NPO法人エコ・リンク・アソシエーション
==============================
ムラたびの真髄は「食」のもてなし。地域の食文化をどのように伝えるのか、体験してもらうか?をテーマに実施します。

第1回 開校式
 8月 8日(水) 10時~15時<講師:本田節、飯干淳志>

第2回 「食」×「地域」=食文化
 8月27日(月) 10時~15時<講師:本田節、千葉しのぶ>

第3回 九州圏内の「ムラの旨食」
 9月19日(水) 10時~15時<講師:本田節、養父信夫>

第4回 
10月24日(水) 10時~15時<講師:本田節、飯干淳志、⼭⼝久⾂>

お申込・問合せ
NPO法人エコ・リンク・アソシエーション電話:0993-53-7270 mail:ikehara@eco-link.jp
==============================
◆1年の総集編
主催:九州ツーリズム・コンソーシアム「ムラたび九州」
==============================
九州圏内の地域づくり、ツーリズム実践者が集い、各地の取組み内容や実績を共有していきます。
【日   時】2019年2月2日(土)14:00 ~ 3日(日)13:00
【会   場】食・農・人総合研究所リュウキンカの郷(熊本県球磨郡あさぎり町)
【参 加 費】一人23,000円:研修費、宿泊費(1泊3食)含む
【申込・問合】九州ツーリズム・コンソーシアム『ムラたび九州』 info@muratabi-kyushu.com

1

25188671_307020803131753_871355584477327067_o

第3回ムラたびカレッジ開催のお知らせ

Posted on

「九州を農泊聖地に!」を合言葉に、農泊実践者らが集う「ムラたび九州カレッジ」

24172764_301762420324258_9139059285617998233_o

本年度最後となる第3回のテーマは『“新たな農泊スタイル”から学ぶ農村の未来』です。
農泊を起点として地域の中に様々な事業が生まれたり、限界集落に世界各国からお客さんが訪れたり、「何もない」と思っていたムラに想像しなかった新しい価値が見出されたりと、今までと違う姿で農村が輝き農村基盤を支える経済価値が生まれる時代となってきました。

“農村を創り変える時代!”に求めらる、学びと経験、交流とネットワーク、そして行動。
活動を束ねる人材も、事業を牽引する組織もどうしたら育っていくのか、今回の講座では、成長しにくい農泊の根本課題や関係者が習得しなければならない経営ノウハウなど、具体的な実践内容に踏み込んだ皆様の即戦力となり得る内容になっています。

また九州圏内各地で農泊事業に取組む実践者をゲストに迎え、その課題や実状などをお話頂く時間も設けています。どう取り組んでいけば良いかわからない。という方から、これからの農村の未来を語り合いたいという方まで、皆さまのご参加をお待ちしております!毎回恒例のムラごはんを食べて、飲んで、語り合いましょう!

25189014_307020836465083_3101507000799840927_o
25188711_307020566465110_3585167133959760333_o

■第3回 ムラたび九州カレッジ
地域をコーディネイトしてマネジメントする!その2「人材の活用方法と組織」
“新たな農泊スタイル”から学ぶ農村の未来

・開催日:平成30年2月7日(水)14時~ 8日(木)13時迄
・プログラム
<1日目>
 講 義 「農泊:農村を丸ごと経営する意識」
      講師/飯干淳志(株)高千穂ムラたび

 事 例 「農泊実践者セミナー&ディスカッション」
      講師/九州圏内で地域マネージメントや農泊事業に取組む実践者をゲストにお話しいただきます。

 講 義 「農村の未来~農泊事業の活用方法~」
講師/九州農政局

<2日目>
 実践プランセミナー
 「農村が潤う農泊事業を考える」

・定 員:30名(先着順)
・参加費:23,000円(研修費、1泊3食付)
・場 所:食・農・人総合研究所リュウキンカの郷(熊本県球磨郡あさぎり町)
・主 催:九州ツーリズム・コンソーシアム “ムラたび九州“
・後 援:九州農政局、九州運輸局
・申 込:WEBフォーム https://goo.gl/EBngf2
     先着順に受付ますので定員になり次第、締切となります。

これまでの様子はコチラに掲載しています>>https://www.facebook.com/muratabikyushu/

【ムラたび九州カレッジ】第3回講座

21687570_274220766411757_8677044722921506325_n

第2回 ムラたびカレッジ開催のお知らせ

Posted on

「九州を農泊聖地に!」を合言葉に、農泊実践者らが集う「ムラたび九州カレッジ」

19390602_235484716952029_8946411025435002431_o

第2回『地域をコーディネイトしてマネジメントする!その1)農村ビジネスの実践と経営論』の詳細が決まりましたのでお知らせいたします。今回のメインテーマは『進化する農泊』。世界の旅行者の動向や農泊・農村ビジネスの在り方から、自身の民泊を経営するために必要な視点や考え方など、今回も盛りだくさんの内容で、アウトプットもしっかりとできる学びの場になりそうです。

■第2回 ムラたび九州カレッジ『進化する農泊』
世界の新たな動きを学ぶ! 地域をつなぐ農村ビジネス!! ヒト・金・地域が儲かる!!!

・開催日:平成29年11月15日(水)14時~ 16日(木)13時迄
・プログラム
<1日目>
 講 義 「農泊をとりまく、世界の動き」
 事例① 「お客様と楽しむ農泊経営」
 事例② 「ムラたび九州」がめざす農泊
 事例③ 「農泊事業の組み立て方」

<2日目>
 分科会① 魅力ある民宿経営プランの立て方
 分科会② 地域経営について考える

・定 員:30名(先着順)
・参加費:23,000円(研修費、1泊3食付)
・場 所:食・農・人総合研究所リュウキンカの郷(熊本県球磨郡あさぎり町)
・主 催:九州ツーリズム・コンソーシアム “ムラたび九州“
・後 援:九州農政局、九州運輸局
・申 込:WEBフォーム https://goo.gl/EBngf2
     先着順に受付ますので定員になり次第、締切となります。

キャプチャ

★今年度『ムラたびカレッジ』は全3回開催予定です。
詳細は>>https://www.facebook.com/muratabikyushu/

九州ツーリズム・コンソーシアム「ムラたび九州」は、満足度の高い農山漁村ツーリズムを提供する事業者と事業エリアの育成、九州全域をフィールドとした農山漁村ツーリズムの戦略形成と実践力強化を中間支援として組織的に行う団体です。熊本県人吉市の「ひまわり亭」本田節氏を会長に、宮崎県の「(株)高千穂ムラたび」の飯干淳志氏、佐賀県三瀬村の「農家民宿 具座」の藤瀬吉徳氏、(一社)九州のムラ 養父信夫氏を副会長とし、九州各地で農村ツーリズムや地域ビジネスの先駆者として活躍するメンバーたちが、地域に貢献できる交流ビジネスや地域ビジネスの創出と人材育成をサポートしていきます。