25188671_307020803131753_871355584477327067_o

第3回ムラたびカレッジ開催のお知らせ

Posted on

「九州を農泊聖地に!」を合言葉に、農泊実践者らが集う「ムラたび九州カレッジ」

24172764_301762420324258_9139059285617998233_o

本年度最後となる第3回のテーマは『“新たな農泊スタイル”から学ぶ農村の未来』です。
農泊を起点として地域の中に様々な事業が生まれたり、限界集落に世界各国からお客さんが訪れたり、「何もない」と思っていたムラに想像しなかった新しい価値が見出されたりと、今までと違う姿で農村が輝き農村基盤を支える経済価値が生まれる時代となってきました。

“農村を創り変える時代!”に求めらる、学びと経験、交流とネットワーク、そして行動。
活動を束ねる人材も、事業を牽引する組織もどうしたら育っていくのか、今回の講座では、成長しにくい農泊の根本課題や関係者が習得しなければならない経営ノウハウなど、具体的な実践内容に踏み込んだ皆様の即戦力となり得る内容になっています。

また九州圏内各地で農泊事業に取組む実践者をゲストに迎え、その課題や実状などをお話頂く時間も設けています。どう取り組んでいけば良いかわからない。という方から、これからの農村の未来を語り合いたいという方まで、皆さまのご参加をお待ちしております!毎回恒例のムラごはんを食べて、飲んで、語り合いましょう!

25189014_307020836465083_3101507000799840927_o
25188711_307020566465110_3585167133959760333_o

■第3回 ムラたび九州カレッジ
地域をコーディネイトしてマネジメントする!その2「人材の活用方法と組織」
“新たな農泊スタイル”から学ぶ農村の未来

・開催日:平成30年2月7日(水)14時~ 8日(木)13時迄
・プログラム
<1日目>
 講 義 「農泊:農村を丸ごと経営する意識」
      講師/飯干淳志(株)高千穂ムラたび

 事 例 「農泊実践者セミナー&ディスカッション」
      講師/九州圏内で地域マネージメントや農泊事業に取組む実践者をゲストにお話しいただきます。

 講 義 「農村の未来~農泊事業の活用方法~」
講師/九州農政局

<2日目>
 実践プランセミナー
 「農村が潤う農泊事業を考える」

・定 員:30名(先着順)
・参加費:23,000円(研修費、1泊3食付)
・場 所:食・農・人総合研究所リュウキンカの郷(熊本県球磨郡あさぎり町)
・主 催:九州ツーリズム・コンソーシアム “ムラたび九州“
・後 援:九州農政局、九州運輸局
・申 込:WEBフォーム https://goo.gl/EBngf2
     先着順に受付ますので定員になり次第、締切となります。

これまでの様子はコチラに掲載しています>>https://www.facebook.com/muratabikyushu/

【ムラたび九州カレッジ】第3回講座

21687570_274220766411757_8677044722921506325_n

第2回 ムラたびカレッジ開催のお知らせ

Posted on

「九州を農泊聖地に!」を合言葉に、農泊実践者らが集う「ムラたび九州カレッジ」

19390602_235484716952029_8946411025435002431_o

第2回『地域をコーディネイトしてマネジメントする!その1)農村ビジネスの実践と経営論』の詳細が決まりましたのでお知らせいたします。今回のメインテーマは『進化する農泊』。世界の旅行者の動向や農泊・農村ビジネスの在り方から、自身の民泊を経営するために必要な視点や考え方など、今回も盛りだくさんの内容で、アウトプットもしっかりとできる学びの場になりそうです。

■第2回 ムラたび九州カレッジ『進化する農泊』
世界の新たな動きを学ぶ! 地域をつなぐ農村ビジネス!! ヒト・金・地域が儲かる!!!

・開催日:平成29年11月15日(水)14時~ 16日(木)13時迄
・プログラム
<1日目>
 講 義 「農泊をとりまく、世界の動き」
 事例① 「お客様と楽しむ農泊経営」
 事例② 「ムラたび九州」がめざす農泊
 事例③ 「農泊事業の組み立て方」

<2日目>
 分科会① 魅力ある民宿経営プランの立て方
 分科会② 地域経営について考える

・定 員:30名(先着順)
・参加費:23,000円(研修費、1泊3食付)
・場 所:食・農・人総合研究所リュウキンカの郷(熊本県球磨郡あさぎり町)
・主 催:九州ツーリズム・コンソーシアム “ムラたび九州“
・後 援:九州農政局、九州運輸局
・申 込:WEBフォーム https://goo.gl/EBngf2
     先着順に受付ますので定員になり次第、締切となります。

キャプチャ

★今年度『ムラたびカレッジ』は全3回開催予定です。
詳細は>>https://www.facebook.com/muratabikyushu/

九州ツーリズム・コンソーシアム「ムラたび九州」は、満足度の高い農山漁村ツーリズムを提供する事業者と事業エリアの育成、九州全域をフィールドとした農山漁村ツーリズムの戦略形成と実践力強化を中間支援として組織的に行う団体です。熊本県人吉市の「ひまわり亭」本田節氏を会長に、宮崎県の「(株)高千穂ムラたび」の飯干淳志氏、佐賀県三瀬村の「農家民宿 具座」の藤瀬吉徳氏、(一社)九州のムラ 養父信夫氏を副会長とし、九州各地で農村ツーリズムや地域ビジネスの先駆者として活躍するメンバーたちが、地域に貢献できる交流ビジネスや地域ビジネスの創出と人材育成をサポートしていきます。

図1

人気農泊のカリスマお母さんが勢揃い!  第1回 ムラたびカレッジ

Posted on

九州ツーリズム・コンソーシアム「ムラたび九州」が開催するムラたびカレッジ第1回目を9月20~21日に開催致します。
19424023_235484523618715_6816115843941330228_n

今回のテーマは“食ともてなし” 九州の農泊の中でも特に人気のお宿のお母さんたちに、自身のこだわりや、もてなしの流儀についてを語って頂きます。肩肘張らずに普段着で受入れている風に見えても、やっぱり人気の農泊には理由があるんです!その秘密を是非、探って頂き、ご自身の活動のヒントを持ち帰ってください。会長の本田節さん曰はく、「こんな凄いメンバーが一堂に会するのは、もうないかも!?」とのこと。カリスマ母さんたちのパワーをもらって元気になって帰るのも、また良しです。

《人気の農泊 講師陣》
【福 岡】「ふみちゃんのみそ汁屋さん」後藤富美子
【佐 賀】「農家民宿 具座」藤瀬みどり
【長 崎】「たいらベーカリー」平則子
【熊 本】「さこんうえの蛙」河津慶子
【宮 崎】「まろうど」飯干眞弓
【大 分】「舟板昔ばなしの家」中山ミヤ子
【鹿児島】「ブルーベリーの里」 上水流達郎
【球磨郡】「リュウキンカの郷」本田節

2

■第1回 ムラたび九州カレッジ 

“行ってみたい” “また行きたい”「人気の農泊」を【食】で実現

・開催日:平成29年9月20日(水)14時~ 21日(木)13時迄
・プログラム
 第1部  講義 「リュウキンカで表現する食の魅力」 本田 節
 第2部  パネルディス カッション
「選ばれる農泊、旅行者の食べたい!を叶える」人気の農泊講師陣
 第3部  「人気農泊」実現プラン研修

・定 員:30名(先着順)
・参加費:23,000円(研修費、1泊3食付)
・場 所:食・農・人総合研究所リュウキンカの郷(熊本県球磨郡あさぎり町)
・主 催:九州ツーリズム・コンソーシアム “ムラたび九州“
・後 援:九州農政局、九州運輸局
・申 込:WEBフォームよりお申込みください>>コチラ
先着順に受付ますので定員になり次第、締切となります。

スライド1

キャプチャ

農村のインバウンド戦略

Posted on

〝ムラにインバウンドを!〟合い言葉に弊社が取り組んでいるインバウンド支援について先日、日本農業新聞社さんに寄稿した内容をお届けたします。

〝京都、富士山、東彼杵〟。東彼杵とは〝ひがしそのぎ〟と読み、長崎県北部に位置するお茶の産地として有名な地域である。平成28年度、この東彼杵に年間17回、約250名もの海外からのツアー客が訪れた。冒頭の3つの地域は、かれら及びツアーガイドの外国人の方々が約2週間の旅行の中で、一番印象に残った場所を聞いた、その回答である。このツアーは、東京滞在中は浅草、鎌倉を、それから箱根、富士山、京都、広島と回り、最後に九州は長崎と平戸を巡るツアーであり、東彼杵はその途中に、約4時間ほど滞在し、茶畑を歩き、お茶の専業農家の方に日本茶の美味しいいれ方を教わり、そして農家民宿の許可をとった農家のお宅に上がって、昼食をいただくという内容。農村が取り組んできたグリーンツーリズムをそのまま海外に展開したところ、思った以上に評判が良く、参加された客様の声にも押される形で、イギリス本社の旅行会社は、来年度も15回のツアー開催を決定した。観光地では味わえない農村のグリーンツーリズムが外国人の心を掴んだのであろう。

IMGP4877

 弊社は〝ムラにインバウンドを!〟というプロジェクトを数年前から東彼杵町をはじめ、菊池市(熊本県)、上下町(広島県)など各地位で地域と一緒に取り組んでいる。それは、地域の価値(食、歴史、自然、技など)を安売りすることなく、次世代に繋げていくためには小さな農村ほど世界というマーケットを目指すべきとの考えからである。SNSの発達がそれをより可能にし、そのためにはリアルな交流による口コミが大切なのである。

 何故、今農村にインバウンドなのか?まずは、海外の方々のニーズから見れば相次ぐ震災のニュースが世界に広がる中で、規律正しい日本人の姿、親切で協調性ある国民性がクローズアップされ、さらに日本の和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたことも追い風となり日本ブームに火がついたこと、その前からアニメを通じ日本に憧れる世界の若者達が日本ブームを下支えしたのも大きい。また国も来年のラグビーワールドカップ、2020年の東京でのオリンピック・パラリンピック開催と、観光庁のみならず国をあげてインバウンド推進の施策を打ち出している。農林水産省でも2020年に向けて全国500カ所程度のモデル地域を選び、農家民宿やゲストハウスなどを整備し、そこに外国人も受入れ農村ビジネスを展開することを積極的に後押しする。

 実際にムラに訪れる海外の方々の声を拾っていくと、〝日本人のお宅で一緒に食事を食べたり、暮らしを体験ができたのが非常に良った〟〝自分はベシタリアンだけど、ツアー中、他の人たちとも同じ食事がいただけた〟〝弓道体験が良った〟など、外国人向けツアーでは、グリーンツーリズムの農泊体験、食体験だけではなく武道、祭、神事などの参加など地域の伝統文化体験など、日本人以上にその価値を感じている。インバウンドは、組み立てに如何では農村に経済効果をもたらす余地が大きいことを実感している。

20160405_035329212_iOS

 ただ、日本のグリーンツーリズムは、民泊型修学旅行など大手旅行会社頼みで誘客してきたところも多く、農泊や体験受入れ実践者が自ら情報発信し一般の都市住民に誘客を行うことは遅れている。まして個人の外国人旅行者に向けて多言語で情報発信を行い、多言語で受け答えできるところは少ない。しかし、インバンド受入れしているムラの実践者たちは、口々に〝人間と人間だから、身振り手振りで何とかなる〟と。実際に何とかなっている。昨今は翻訳アプリも進化し、サポートツールは日々進歩している。

 やはり初めて外国人を受入れるには、きっかけが必要である。自分が地域に外国の皆さんをつなげる場合は、FIT(海外個人旅行)ではなく、まずは東彼杵町のように、いい客層も持つ旅行会社さんの商品造成担当者を実際にムラに連れて行き、そこからパックツアーを組んでもらう。予め来訪する日時も人数も分かっているし、旅行会社がバスを貸切り、通訳案内士も連れて来てくれれば地域側も安心である。ただし事前やりとりは、各地域の例えばグリーンツーリズムの事務局などがやっていく必要がある。昨今は国が進める「地域おこし極力隊」がその任を担うケースも見られる。

 日本のムラには、まだまだ農業、漁業で生業を立てている人達は多い。ムラでは自然の恵みに感謝し、八百万の神々とともに祝い、歌い、踊り、あるときには荒ぶる自然を畏れ、大自然の営みの前の人間の非力さを思い知る。結果、自然に対し、人に対し謙虚に接していくことにつながっていく。混迷を深めていく世界において、実は日本の農山漁村に暮らす人々と同じ時間を過ごし、その価値観を共有することが、世界を平和に導く一番の近道なのかもしれない。〝ムラにインバウンド〟是非、取り組んでいきましょう。

ポイント 1 和食が世界遺産として評価
     2 オリンピックに向けて国も支援
     3 農村の地域資源が高評価
     4 日本の農村が世界平和に貢献

キャプチャ  

日本農業新聞2017年3月19日