【応募締切ました】ムラ暮らしインターン 里山の食探求編(佐賀市三瀬村)

Posted on
ムラの魅力は“食にあり”!
里山の豊かな資源を使った料理・加工について学ぶ6泊7日。
【実施日:11月22日(月)~28日(日)】
【お申し込みは>>コチラから

農村への移住や田舎暮らしに関⼼のある方へ。
研修先である農家民宿「具座」のみどりさんは食のプロフェッショナル。1つの食材を色んなアイデアで様々な料理に仕上げていきます。今回の研修では、みどりさんの指導の下で、地元の食材を使った加工品づくり(味噌や柚子みそ)を学びます。またブルーベリー園の整備やしいたけの原木を倒す作業なども行いながら、里山の豊かな食資源についても学んでいきます。

研修の「具座(ぐざ)」は、佐賀県佐賀市三ツ瀬という里山にある人気の農家民宿です。具座のご主人・藤瀬吉徳さんは代々続く農家で生まれ育ち、地元役場勤めを早期退職し、奥様のみどりさんと一緒に農家民宿を営んでいます。 何より農村を楽しむ気持ちで日々暮らされており、自然とのつきあい方、食の本来のあり方、人との絆など、都会では少し関係が見えなくなってきている大切なことを、この研修では学ぶことが出来ます。

HP> http://guza-mitsuse.com/

◆研修内容

●ブルーベリー園の整備
ブルーベリーの木の剪定などを行います。来年また立派な実を付けてもらうためのお手入れ方法を学びます。

●手作りこんにゃくづくり
藤瀬さんのお母様直伝のレシピで、手作りこんにゃくづくりに挑戦。市販との食感、味の違いにきっと驚くはずです!

●味噌づくり&柚子みそづくり
味噌づくりを一からお伝えします。味噌づくりのベテランの奥様・みどりさんと一緒に加工場で作業をし味噌を仕込んでいきます。また味噌を使って「柚子みそ」づくりも行います。

●地域の人達との交流
こんにゃくを作った後、地域の方と一緒にこんにゃくを試食しながら交流を行います。交流会で田舎暮らしの楽しさや厳しさを学べますよ!

◆研修スケジュール
<初日>
13:30 博多駅集合、オリエンテーション
17:00 チェックイン

<2日目~>
9:00  研修開始
12:00 昼休憩(1時間)
13:00 研修
17:00 終業予定 ※内、2日は交流会を予定

<最終日>
9:00  研修振り返り
12:00 解散

◆地域の魅力

福岡市と佐賀市の県境にあり、標高400メートルに位置する三瀬村。県堺にある「三瀬トンネルとループ橋」を渡ると、目の前には田園風景が広がります。福岡市内から車で約1時間という交通アクセスの良さで、豊かな自然とのんびりとした空気感を楽しみに週末になると多くの方が訪れます。お蕎麦やフルーツ、隠れ家のようなカフェなど田舎を満喫するスポットも豊富です。

◆募集要項
[募集日程]
2021年11月22日(月)~28日(日)

[開催日時]

<事前オンライン研修>
2021年11月8日(月)
※詳細はマッチン後ご連絡します。
※参加できない場合は後日、動画の視聴で対応可能性です。

<現地研修期間>
2021年11月22日(月)~28日(日)
※詳細は上記「研修スケジュール」をご覧ください。

<事後オンライン研修>
2022日2月16日(水) ※予定

[研修場所]
農家民宿「具座(ぐざ)」 (佐賀市三瀬村藤原1097)

・現地(農家民宿「具座」佐賀市三瀬村藤原1097)集合・解散
・希望者は博多駅から送迎有

[参加条件]
農村への移住や田舎暮らしに関⼼のある⽅なら経験は不問です
・学⽣応募可
・概ね60歳くらいまで
・6泊7日の現地研修及び、事前・事後研修に全てご参加いただける方

[参加費]
無料

※研修先より時給900円が支払われます。
※現地までの交通費は参加者負担となります。
※事前に新型コロナウイルス感染症の検査(PCRキットを送付します。自己負担はありません)をしてお願いしますが、万が一陽性反応が出た場合の交通費にかかるキャンセル費は参加者の自己負担となりますので予めご了承ください。

[宿泊先 ]
宿泊先はシェアハウス(個室)になります

※研修期間中の宿泊費は無料です(研修先が⼿配します)
※研修期間中の食事(朝・夕)は自炊になります。宿泊施設に食材をご用意します。
※研修期間中の昼食はお料理上手な奥様・みどりさんの賄い飯付!

[定員]
3名(定員になり次第、締め切ります)

[持ち物]
作業中、汚れても良い服・靴、エプロン、着替え、タオル、歯ブラシなど。そして田舎を楽しむ気持ち!

◆申し込み>>コチラから

****************************
[新型コロナウイルス 感染拡大予防対策について]
*参加者全員の健康・安全に配慮し、マスクの着用および、手指の消毒の励行をお願いさせていただきます。また、体調に不安がある場合は参加をお控えくださいますよう、お願い申し上げます。
*参加者には事前のPCR検査の実施をお願いする予定です。検査キットは後日お送りいたします。
*滞在中は毎朝、検温のご協力をお願いいたします。
*新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては、延期または中止とさせていただく場合がございます。

■ムラ暮らしインターンとは
コロナ禍の中、新たなライフスタイルや働き方が注目される中、地方への“移住”も一つの選択肢として注目を高めるようになりました。ただ田舎暮らしに興味はあっても、「いきなり知らない場所へ行って暮らすのはハードルが高い」のが現実ではないでしょうか。

私たちは日本の農村漁村=ムラを訪れ、農家や漁師が暮らすお宅や古民家に泊まり、ムラでとれた旬な食材を味わい、地域ならではの様々な体験を通じてその地に暮らす人々との交流を楽しむ“ムラたび”を広める活動をしていますが、旅の一歩先の“観光と移住のあいだ”、“もう一歩、地域に入り込む経験”をしたいという方が増えていることを実感し、今回、地方で働く・暮らすのリアルな生活が経験できるお試し体験ができる【ムラ暮らしインターン】を企画し実施する事にしました。

移住をするにも「働く場」がなくては生活が出来ません。新しい生活環境への「暮らし」をしながら、新しい「仕事」に慣れるのも、色々と考えることが多く、即断出来ない方も多いようです。まずは、6泊7日の短期期間に働きながら田舎暮らしを経験することで、地方への“移住”をイメージしてもらえればと考えています。