旅をしながら農業してみませんか?

Posted on

旅をしながら農業してみませんか?

福岡県八女市の里山で、農業や農家民宿、食に携わる20-80代の幅広いメンバーが、四季を感じる暮らしや食の愉しみを分かち合いたいと活動している『母の膳推進協議会』さん。2年前より九州のムラも活動のおてつだいをしています。
メンバーで農業を営む中島健介さんは、「農家も高齢化してきて日々の農作業自体も次第に体力的にきつくなっている。都市部の労働力が農村にあれば・・」といつもお話されてらっしゃいました。
メンバーには3年前に新規就農でU・Iターンをしてきた20代もおり、この地で農業を続けていく可能性はあり、実際に八女市立花町には専業農家も多く、特にキウイフルーツは日本一の生産量を誇ります。

そこで今回、農村に滞在しながら農業を手伝ってくれる方を募集してみよう!ということになりました。
宿泊施設は農園のすぐ近くにあるキャンプ場「夢たちばなビレッジ」。お部屋は他の参加者と相部屋になりますが、大きな浴場もあり、エアコンも完備。フリーWi-Fi・作業テーブルもありますので、リモートで仕事や勉強もできる環境も揃ってます。

◆お手伝い内容
A)畑のお手入れ・キウイの苗穴づくり
キウイの枝を農家の方が切り落とすので、それを束ねてトラックに積み込んだり、燃やしたりする片付けや、キウイの苗を植えるための準備のお手伝い。
B)ミカンの出荷(梱包)準備
道の駅や直売所へ出荷するミカンの袋詰めのお手伝い。
C)キウイの枝刈り・竹林の整備のおてつだい
農家の方がキウイの枝や竹林を伐採するので、それを燃やしたり、片付けをするお手伝い。
※天候によっておてつだい内容は変わることがあります。現地で相談しながら決めていきましょう。

◆募集日程
2020年12月16日(水)~12月18日の2泊3日
2021年 1月13日(水)~17日(日)の内の2泊3日
※農村に滞在しながら農家のお手伝いをしてくれる方を募集しますが、ご自宅から通える方は通いでもOKです。また1日のみのお手伝いなら可能という方もお気軽にお問合せください。

スケジュール(例)
09:00 – 12:00:畑のお手入れ・キウイの苗穴づくり
12:00 – 13:00:お昼休憩(お料理上手なカヨさんの賄い飯)
13:00 – 16:00:キウイの枝刈り・竹林の整備のおてつだい

◆時給 900円

◆必要なもの:
長靴、帽子、汚れても良い服装、洗面道具、寝巻(寝る時に着る服)、
、あとはやる気も忘れずに!!!

◆その他・備考:
朝晩の食事は各自で自炊をしていただきます。近くのスーパーまで自動車で5分、自転車で10分(自転車は貸出ます)。
集合場所は「農家民宿 大道谷の里」になりますが、マイカーでお越しではない方は最寄り駅(JR「羽犬塚(はいいいぬつか)」まで送迎します。

◆お申込・お問合せ先◆
WEBから申込む>>コチラ
メールで問い合わせる>>hahanozen@gmail.com

農村を旅しながら、もっと地元の方と交流したい方、将来農家を目指している方、農村に暮らしてみたい方、応募動機は問いません!皆さんにお会いでき、語り合えることを楽しみにお待ちしてます!!

◆母の膳推進協議会 農業メンバー

健介さん
<中島健介さん>農業歴50年のベテラン農家さん。
「筍・ゴーヤ・キウイ・みかん・野菜などをつくり、農業を通じた都市農村交流もしています。地元の大学で農業や農村活性についてお話することもあり、若い方のパワーが農村に必要だと実感しています」

かよさん1
<中島カヨさん>お料理上手な農家のお母さん。
「立花町はキウイの産地。キウイ農家秘伝の美味しいキウイのお菓子の作り方も教えますよ」

たくやくん
<田中拓哉さん>新規就農3年目。
「家業を継ぐためUターンし、伝承拓ファームという屋号で、筍・キウイ栽培をしてます。豊かな自然と美味しい野菜・果物が豊富な立花へぜひ、いらしてください!」

るいくん
<小山瑠偉さん>新規就農3年目
熊本からIターンで農業を始めるために3年前に移住してきました。レタスやゴーヤなど野菜が主ですが、今年からマスカット栽培もしてます。農業の大変さ・面白さはもちろん、農村の暮らしの豊かさを実感してます」

しんやくん
<田中信也さん>新規就農2年目
「キウイを主に作っています。オーストラリアに行った際にワーキングホリデーで農家の手伝いをしたことがきっかけで昨年から家業を継ぎ農業を始めました。皆さんにも農業の面白さを知ってもらいたいです!」

◆宿泊施設
夢たちばなビレッジ>>HP
※お部屋は他の参加者と相部屋になります。

[アメニティ]
無料Wi-Fiあり。バス(ボディーソープ・シャンプー・リンス有)・トイレ・台所は共同です。冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、炊飯器、調理器具、布団の貸出有。
宿泊場所の外観宿泊場所_部屋

ひとよし温泉春風マラソンに参加して人吉球磨を満喫しませんか

Posted on

来年2020年2月16日(日)に、「第17回ひとよし温泉春風マラソン」大会が開催されます!
人吉城跡ふるさと歴史の広場からスタートして、ファミリーで気軽に楽しめる2kmコースやハーフコースまでの4コースがあり、アップダウンは少なく走りやすいコースで、前回も5,500人以上の方が新春のマラソンを楽しまれました!

ひとよし温泉春風マラソン公式サイトは>>こちら


=====================

【宿の予約リクエスト・マッチング相談窓口】が設置されます
=====================

毎年、宿が取れずに困っているという声もあり、今回はマラソン大会時に人吉球磨に宿泊してもらい、地元の魅力をたっぷり味わってもらおうと【宿の予約リクエスト・マッチング相談窓口】を設置。一人で宿泊できる宿は?送迎してもらえる宿ってあるかな?といった相談にも対応してくれることに。予約リクエストもしてくれるので、気になる宿が見つかったら気軽に問合せをされてみてください。

マラソン大会時に宿泊できる宿一覧&相談ページ>>コチラ

yado(600X200)

====================
“田舎体験ツアー”も開催されます!
====================

tour(600X200)

【ツアー1】

大会前日の2月15日(土)

マラソンの完走を祈願する「山江村で完走祈願フットパスとヘルシーランチツアー」

マラソンの完走を祈願して勝負の神様「合戦峰観音」に願掛け!ヘルシーランチと温泉でカラダを整えれば、翌日のマラソンも好タイムが狙えるかも。もちろん、マラソンには出場しない方の参加もOKです♪

※この日はマラソン大会の前日受付日となりますが、ツアー参加者に限り、代理受付もしてくれるそうですので安心してご参加されてください!

WEBページ>>https://hitoyoshikumarathon.com/tour/

チラシ   >>https://hitoyoshikumarathon.com/img/flyer-pray-tour.pdf

開催日 :2020年2月15日(土)

募集人数:限定20名(先着順)

参加費 :大人(中学生以上):3,500円 / 3歳〜小学生まで:2,800円

※人吉市内からの移動費、体験費、昼食、温泉付。簡単なアンケート協力有。


合戦峰観音堂で完走祈願

合戦峰観音堂

地元の方々が大切に守っている観音像は室町時代といわれています。勝負事、競争毎で勝ちを得るご利益があるとして、毎年スポーツ大会に参加する方や受験生たちが願掛けに来られるそうです。お参りすれば翌日のマラソン大会の完走は間違いナシ!?

======================

【ツアー2】

大会当日の2月16日(日)

疲れたカラダをメンテナス!「寺YOGAと温泉でカラダのメンテナンスツアー」

マラソンで疲れたカラダをYOGAと温泉でメンテナスしませんか?国の登録有形文化財になっている木造洋風様式のお寺でヨガと日本茶でカラダもスッキリ。デトックス効果も期待できます。もちろん、マラソンには出場しない方の参加もOKです♪

WEBページ>>https://hitoyoshikumarathon.com/tour/

チラシ   >>https://hitoyoshikumarathon.com/img/flyer-maintenance-tour.pdf

開催日 :2020年2月16日(日)

募集人数:限定20名(先着順)

参加費 :モニター価格大人(中学生以上):2,500円 / 3歳〜小学生まで:2,400円

※人吉市内からの移動費、体験費、デザート、温泉付。簡単なアンケート協力有。


ルーシーダットンヨガ

ヨガイメージ

ルーシーダットンとは「自分でできる整体」と言われているそうです。シンプルなポーズも多く幅広い年齢層の方にオススメ。心身の緊張をほぐし、血行を良くするため、マラソン直後の疲労を解消しませんか。ヨガの後は温泉(えびすの湯)へもご案内します。

ちょうど、その時期は人吉球磨全域で『ひとよし球磨はひなまつり』というイベントも開催されていて、人吉市内の「ひとよしおひな通り」では、各店舗のショーウインドウや店内に雛人形が展示されるのを見学できたり、郡内でも商店街やホテル・農家民宿にも雛人形が展示され、イベントも多く開催される時期。マラソン大会だけでなく、ゆっくり人吉球磨を愉しんでくださいね♪
1e76a4299b84907d007589743d6c6352_s

ムラたび九州カレッジ@茂木 11月8日(金)開催のご案内

Posted on

長崎市茂木町では「宿運営」をテーマに計3回のカレッジを開催します。2回目となる今回は、<アルベルゴディフーゾ概論>とし、9月に実施した南チロル地方のアルベルゴ・ディフーゾ研修報告の他、アグリツーリズムを推進している中間支援組織「ガロ・ロッソ」の取組みを学びながら、九州での観光地域づくりを考えていきます。

イタリアから学ぶこれからのツーリズムー次世代に繋がるアグリ・ツーリズモ(農泊)とアルベルゴ・ディフーゾ(分散化した宿)ー

日時:2019年11月8日(金)13:30~17:00 (受付:13時~)
場所:NAGASAKI HOUSE ぶらぶら(長崎県長崎市茂木町2190-11 ☎095-836-0306)
費用:無料。ただし、交流会(3,000円)・宿泊(4,200円~)を希望される方は実費が必要です。

申込:11月3日(日)迄
>>コチラから

チラシを見る

■主なスケジュール
<講座1>
『イタリア研修報告&観光地域づくり講座』
講師:坂元 英俊氏(一般社団法人地域観光研究所 代表理事)

<講座2>
『ガロ・ロッソの取り組みについて』
講師:五艘 みどり氏(帝京大学准教授「国内海外農村ツーリズム研究」
 
<WS>意見交換会

木になる気になるキウイ♪ 収穫体験とキウイのおやつ作りイベント開催します

Posted on

kiwi

キウイの旬っていつかご存知ですか?
南国系フルーツのイメージが強いので夏が食べ頃と思われている方も多いのですが、実際に収穫されるのは10月中旬から。なので、今は収穫の真っ盛り!
ちなみに福岡圏は全国でも第2位の生産量を誇り、中でも八女市は産地として有名なんです。

そこで、八女市で里山の暮らしを伝える活動をしている母の膳推進協議会さんと一緒に、キウイの収穫体験とキウイを使ったおやつづくりイベントを企画しました♪

「木になっているキウイ」を見に来ませんかー?
元気に育ったキウイ収穫の後は、食の達人カヨさん(中島加代さんは農家民宿「大道谷の里」を経営)の立花町の食材を使った美味しいランチと、キウイを使ったSweets作りも楽しみます。

みなさんのご参加をお待ちしております!

2019 里山のおだいどこ_191005_0018


【八女の里山おだいどこ「収穫と料理教室 vol.3 キウイ no 収穫祭】

■開催日:2019年11月10日(日)10:00-15:00
■参加費:2,500円(キウイのお土産付)
■募 集:20名(20歳以上の食に関心のある女性の方)
■お申込は>>コチラ
■チラシを見る

注意事項:雨天決行。エプロンをご持参ください。動きやすく汚れても良い服装、歩きやすい靴でご参加ください。

◆当日のスケジュール◆
10:00集合(受付/9:30~)→キウイ畑で収穫体験 →食の達人カヨさんの八女の手づくりランチ →キウイを使ったおやつづくり(キウイ大福、キウイソースなど)→15時解散予定

★キウイで大福!つくります★
いちご大福、とまと大福と色々あるけど、「キウイ大福」はなかなか無いのでは?
今回はキウイ農家でもある加代さんにキウイを使った大福や、ソースなどなど、美味しい料理も教えて頂きます♪
kiwi1

◆生産者さん◆
2019 里山のおだいどこ_191005_0015

田中 拓哉さん(田中農園15代目。「母の膳推進協議会」メンバー)
Uターンで就農し、「伝承拓ファーム」という屋号で活動。先人の思いを受け継ぎ次世代の自分たちが出来る方法で農業を実践してきたいと奮闘中。ゴーヤ、栗、キウイなどを生産されてらっしゃいます。

◆お料理の先生◆
2019 里山のおだいどこ_191005_0016

中島 加代さん(農家民宿「大道谷の里」女将、「山の神工房」運営、「母の膳推進協議会」メンバー)
農林水産省「農林漁家民宿おかあさん100選」に選ばれた食の達人。今回は「キウイ」を使ったおやつの作り方を教えて頂きます。

 

[主催・お問合せ]
母の膳推進協議会
TEL:090-4988-0491
E-mail:hahanozen@gmail.com(担当:田中)

[母の膳推進協議会とは]
八女の里山で農業や農家民宿、食に関わるメンバーが、里山の四季を感じる暮らしや食の愉しみを皆さんと分かち合いたいと活動しています。シリーズ「八女の里山おだいどこ」は今年度、季節ごとに八女の食の魅力を伝える集いを開催します。星野村で寒造り味噌を仕込む「手作り oh! 味噌」(2020年1月25日定 )を開催予定です。(本事業は「令和元年度農山漁村振興交付金(農泊推進対策)事業」にて実施されています)

ムラたび九州カレッジ@茂木 第1回開催のご案内<9月2日(月)>

Posted on

今年度、長崎市茂木町では【宿・地域経営】をテーマにムラたび九州カレッジを3回実施予定です。第1回目のテーマは「農山魚村(田舎)に泊まる魅力の創り方とムラまるごと地域づくりー様々なスタイルの「宿」運営ー」。旅のスタイルの変化と共に、農村漁村での宿泊も、農家民宿・ゲストハウス・グランピングなど多様になってきています。

そこで今回は、それぞれ異なる宿泊施設を運営している方々をゲストにお迎えし、どのようなお客様を対象に、どのような運営・もてなしをしているのかをじっくりお話を聞きします。

地域にある様々な資源・施設を活用し、それらを連携することで、その地での滞在時間も長くなり経済効果も期待できます。ご自身の宿・施設だけでなく、地域全体に目を転じて、地域をコーディネイトしていくトレーニングを全3回を通じて行っていく予定です。農村漁村での滞在型観光、インバウンド観光、観光地域づくりに関わっている方、ご興味のある方、どなたでもご参加頂けます。皆さまのご参加をお待ちしています!

ムラたび九州カレッジ2019@茂木 「第1回 農山魚村(田舎)に泊まる魅力の創り方とムラまるごと地域づくりー様々なスタイルの「宿」運営ー」

日時:2019年9月2日(月)13:30~17:00 (受付:13時~)
場所:NAGASAKI HOUSE ぶらぶら(長崎県長崎市茂木町2190-11 ☎095-836-0306)
費用:無料。ただし、交流会(3,000円)・宿泊(4,200円~)を希望される方は実費が必要です。
申込:コチラから

■主なスケジュール
<事例1>
「農家民宿」という宿運営スタイル
講師:藤瀬吉徳氏(佐賀県三瀬村 農家民宿「具座」宿主)

<事例2>
「グランピング」という宿運営スタイル
講師:加悦 典子氏(福岡県福津市 「グランピング福岡 ぶどうの樹~海風と波の音」)

<事例3>
「空き家の活用」
講師:岩本諭氏(長崎県長崎市 つくるのわデザイン) 

<WS>「まちホテル構想」茂木まちホテルツーリズム協議会

■交流会&宿泊も可能です!
講義の後、参加者とBBQ交流会も開催。
参加費(交流会3,000円)、宿泊費(4,200円~)は当日受付でお支払いください。宿泊された方を対象に翌朝、漁村の暮らしを感じる「早朝さんぽ」をご案内。その日の朝に水揚げされた新鮮な魚を販売するリアカー市見学も行います♪

★チラシをダウンロードする★

ムラたび九州カレッジin八女 1回目開催しました

Posted on

今年度のムラたび九州カレッジ・基礎講座は、【宿・地域経営】をテーマに、茂木まちホテルツーリズム協議会(長崎県茂木町)さんと共催で3回、【食】をテーマに、母の膳推進協議会(福岡県八女市)さんと共催で3回、【インバウンド】をテーマにくらたび臼杵(大分県臼杵市)さんと共催で1回、開催予定です。

8月2日(金)は「母の膳推進協議会」さんと【食】をテーマとしたムラたび九州カレッジを開催致しました。「母の膳推進協議会」は、長年食にまつわる活動をしていらした田中真木さんを筆頭に、農家民宿「大道谷の里」の中島加代さん、星野村の農家民宿「ふみちゃんのみそ汁屋さん」の後藤富美子さんらが、これまでの活動を次世代へ継承していくことをテーマに立ち上げた団体です。メンバーにはIターンで新規就農を始めた20代の若手もおり、彼らが地域に生業を持って根付いていける取組みにも挑戦し、泊・食・体験分離型のムラたびを八女の立花町・星野村でどのように展開していけるかを今年度は検討していきます。

第1回目となる今回の講座は、地元のお母さんたちを中心に「地域にある素材の素晴らしさ」を改めて実感して頂き、どのように、その「暮らしの知恵」を次世代へ繋げていけるか、また「食」を通じた小さなコミュニティビジネスやツーリズムの展開ができるかの可能性を感じて頂ける切っ掛けになればと企画。

講師に(一社)ムラたび九州の代表理事 本田節さんをお迎えし、旬の素材である「ゴーヤ」をテーマに、地域の食資源を見つめ直す講座とお料理づくりを行いました。参加者にはそれぞれゴーヤで作ったお料理を1品持ち寄って頂くと、テーブルの上には13種類のお料理がズラリ。それに加えて料理づくり体験で6品作り、全19品のゴーヤ料理が完成!中にはゴーヤの種やワタも使った料理があり、まさに「一物全体」命の全てを頂く体験が出来ました。

参加された方々も「自分は農家だが、種もワタも使って料理が出来ることを始めて知った」、「1つの食材でこんなに料理のレパートリがあることに驚いた」、「この女性パワーを自分の地域でも活かしていきたい」など大変満足して頂いたようです。「食」をきっかけに、女性のパワーを活かして楽しく活動できる新たな動きが誕生してくれる事と思います!

8月2日 ゴーヤのワークショップ_190804_0030

01

82ゴーヤのワークショップ_190804_0044

==============================
ムラたび九州カレッジ2019 今後のスケジュール
==============================
■基礎講座
9月2日(月)【宿】様々なスタイルの「宿」運営
10月8日(火)【食】ムラ食とインバウンド
11月8日(金)【地域経営】アルベルゴディフーゾ概論
12月16日(月)【地域経営】アルベルゴディフーゾ実践編
1月21日(火)【食】ガストロノミツーリズム(スペイン・バスク地方)の現場
2月21日(金)【インバウンド】外国人観光客が求める情報と発信の方法

■ビジネス研修
11月25日(月)-26日(火)五感で伝えるインタープリテーション~地域資源に付加価値を付ける~

■実践報告会
2月3日(月)ー4日(火)九州農泊事業実践報告会

8月3日(土)「ゴーヤdeおやつづくり」体験しませんか?

Posted on

Sketch001

八女の里山で農業や食に関わる「母の膳推進協議会」の皆さんが、ゴーヤの収穫とおやつづくり体験の参加者を募集しています!

夏の定番野菜といえば「ゴーヤ」ですよね。暑くなると、あのほんのり苦みの効いた味が食べたくなります。でも、ゴーヤチャンプルー以外にレシピが思い付かない…という方も多いのではないでしょうか?夏の里山で八女のみなさんと一緒にゴーヤを収穫し、手軽に作れてしっかり栄養も取れる夏バテ解消料理を作りましょう。畑ですくすく育った採れたて野菜は元気いっぱい!スムージーや白玉などゴーヤを使ったスイーツで里山の食を楽しみませんか?

■八女の里山おだいどこ 収穫と料理教室 vol.1 『ゴーヤdeおやつ』

開催日 :2019年8月3日(土)10:00ー15:00 (受付/9:30ー)
集合場所:農家民宿 大道谷の里(福岡県八女市立花町白木4578-1)
参加費 :2,500円(ランチ&お土産付)
定  員:10名
対  象:20歳以上の女性 食に関心のある方
注意事項:雨天決行。エプロンをご持参ください。動きやすく汚れても良い服装、歩きやすい靴でご参加ください。

お申込は下記アドレスよりお申し込みください。
>>https://bit.ly/2XaKfId

 

◆当日のスケジュール◆
10:00集合(受付/9:30~)→ゴーヤ畑で収穫体験 →八女のお母さんてづくりランチ →ゴーヤを使ったおやつづくり(試食&八女のみなさんと交流)→15時解散予定

2019 里山のおだいどこ_190705_00022019 里山のおだいどこ_190705_0001
(写真はイメージです)

◆生産者さん◆
2019 里山のおだいどこ_190705_0005

田中 拓哉さん(田中農園15代目。「母の膳推進協議会」メンバー)
Uターンで就農し、「伝承拓ファーム」という屋号で活動。先人の思いを受け継ぎ次世代の自分たちが出来る方法で農業を実践してきたいと奮闘中。ゴーヤ、栗、キウイなどを生産されてらっしゃいます。

◆お料理の先生◆
2019 里山のおだいどこ_190705_0004
中島 加代さん(農家民宿「大道谷の里」女将、「山の神工房」運営、「母の膳推進協議会」メンバー)
農林水産省「農林漁家民宿おかあさん100選」に選ばれた食の達人。今回は夏野菜「ゴーヤ」をスイーツ等にアレンジした料理を教えていただきます。

 

[主催・お問合せ]
母の膳推進協議会
TEL:090-4988-0491
E-mail:hahanozen@gmail.com(担当:田中)

[母の膳推進協議会とは]
八女の里山で農業や農家民宿、食に関わるメンバーが、里山の四季を感じる暮らしや食の愉しみを皆さんと分かち合いたいと活動しています。シリーズ「八女の里山おだいどこ」は今年度、季節ごとに八女の食の魅力を伝える集いを開催します。次回は秋に「お米」をテーマとして開催予定!どうぞお楽しみに。(本事業は「令和元年度農山漁村振興交付金(農泊推進対策)事業」にて実施されています)

2019 里山のおだいどこ_190705_0003

「平成30年度ムラたび九州カレッジ 総集編」開催します

Posted on

2018年はムラたび九州の取り組みも新たな展開を迎え、九州各地でテーマ別にカレッジを開催してきました。
また年末にはフランス・パリにて個人のお客さまや旅行会社に向けたプロモーションも実施し、フランスの方々のニーズを直に聞くことができ、ムラたび九州としての役割も改めて見つめなおすことができました。

このような2018年の取り組み報告も兼ね「ムラたび九州カレッジ総集編」を2月2日に開催予致します

【平成30年度ムラたび九州カレッジ 総集編】
日 時 2019年2月2日(土)14:00~17:00 (受付13:30~)
場 所 熊本県球磨郡あさぎり町「せきれい館」(熊本県球磨郡あさぎり町深田西955-1  ☎0966-45-0665)
定 員 100名
受講料 無料
    (交流会費3,000円、宿泊費1泊朝食5,500円は希望者のみ別途かかります)
お申込み https://goo.gl/J7f4nG

◆プログラム◆
第1部
ムラのお母さんたちと、「これまでの“ムラたび”、これからの“ムラたび”について語ろう!

第2部
九州各県の「ムラたび実践地域」の事例
・宗像市(福岡県)・三瀬村(佐賀県)・人吉球磨(熊本県)・南さつま市(鹿児島県)

◆エクスカーション◆
カレッジ翌日に、あさぎり町を巡るフットパスもご用意してます。

スライド1

ムラの元気の源のお母さんが大集合し、和気あいあいと議論を深めていく予定。
各地域のカレッジに参加できなかったみなさんも総集編でハイライト的に学ぶことができますよ。ぜひみなさまのご参加お待ちしています。

【特別企画】食の達人に学ぶ 『大人の食育体験モニター』<11月9日(金)-10日(土)1泊2日>

Posted on

タイトル

長年受け継がれてきた先人の知恵や技が色濃く残る熊本県人吉球磨地域。この地域で『食』を軸とした“人づくり”を実践しているリュウキンカの郷では、毎月「命の食」をテーマにした料理教室を開催されています。

今回は「大人の食育体験」と題して、旬の食材を使った郷土料理づくり体験と球磨文化を堪能する1泊2日のモニター体験を企画しました。講師は食の達人として全国を飛び回って講演されている本田節さん。ご自身の経験から「食」や「生き方」について見直そうと、1989年に郷土料理の研究や高齢者にお弁当の宅配ボランティアを行う「ひまわりグループ」を結成し、地域の主婦たちによる地産地消の農村レストラン「ひまわり亭」を1998年に立ち上げ、そして2017年にリュウキンカの郷をオープンさせたパワフルな女性です。

そんな食の達人と一緒に旬の食材を求めて、地域の畑を見学したり、お豆腐屋さんや蒟蒻屋さんにいったり、産直市場やお肉屋さんを巡りながら、「食とは何か」、「食べるとは何か」をあらためて見つめていきます。もちろん、家でも出来るお料理方法も伝授。

また夜は地元の人たちが、球磨弁でのおもてなしも企画してくれています。
球磨郡域には28銘柄もある球磨焼酎。その美味しい楽しみ方や、球磨焼酎には欠かせない「球磨拳(ジャンケンの元になった拳遊び)」にもチャレンジ。
そして地域の文化にどっぷり触れて頂きたいと、通常は御彼岸の時にしか開帳していない観音堂への参拝もして頂こうと思っています。球磨焼酎、球磨拳、相良三十三観音はいずれも日本遺産の構成文化財。700年続く人吉球磨の文化を身近に体験できる今回限りの特別企画です。

 


 

~食の達人に学ぶ~ 『大人の食育体験モニター』<2018年11月9日(金)~ 10日(土)>

【スケジュール】
(1日目)
11:30  松の泉酒造 集合(熊本県球磨郡あさぎり町上北169番地1 TEL: 0966-45-1118)
オリエンテーション&ランチ
球磨焼酎 酒蔵見学

13:30  地域の食材巡り
郷土料理「つぼん汁」をつくる食材を探しに町内を散策
<畑~豆腐屋さん~スーパーや産直市場を巡ります>

15:30  郷土料理づくり体験

18:00  球磨弁でおもてなし交流会 地元の方々と球磨弁で語ってみましょう!
・球磨焼酎の美味しい飲み方・楽しみ方をレクチャー
・江戸時代から伝わるジャンケンの原形「球磨拳」にもチャレンジ。

21:00  農家民宿にて就寝

(2日目)

7:00  朝霧さんぽ(朝霧が見れるかは天候次第となります)
各宿にて朝食・チェックアウト

9:30  あさぎり散策

通常は御彼岸の時にしか開帳していない観音堂を参拝したり、紅葉を楽しんだりとあさぎり町の魅力を散策して頂きます(お弁当付)。

13:00  意見交換後、解散(14時頃)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■募集人数:6名(応募者多数の場合は抽選とさせて頂く場合がございます)

■対象  :20歳以上の女性

■参加費 :3,000円(現地での食費分として)

■集合場所:松の泉酒造
(熊本県球磨郡あさぎり町上北169番地1 TEL: 0966-45-1118)

■注意事項
・雨天決行。天候や交通状況の関係で時間や行程は変更となる場合があります。
・当日は動きやすく汚れても良い服装、歩きやすい靴でご参加ください。
・エプロンや三角巾などお持ちの方はご持参ください。無くても大丈夫です。
・農家民宿での宿泊となりますので、タオルや寝巻、歯ブラシなどのアメニティはご持参ください。
・この企画はモニター体験として、アンケートや意見交換のご協力をお願いします。

■お申込みはこちらから >>https://www.secure-cloud.jp/sf/1539069371cfYcbaAq

3
【講師/本田節さん】37歳の時にガンの闘病生活を経験。1989年「ひまわりグループ」を結成し、ボランティアやまちづくり活動を開始。そこで出会った仲間たちと、1998年に「もったいない」をキーワードに、食を地域資源とした拠点「郷土の家庭料理ひまわり亭」をオープン。平成29年、球磨郡あさぎり町にて、「食・農・人総合研究所リュウキンカの郷」を開所。食を軸に、次世代の農業農村を担う人材育成に奮闘中。 
リュウキンカの郷ホームページ http://ryukinka.com/

『ムラたびカレッジ』2018 開催計画

Posted on

昨年度、九州内のツーリズムの先駆者たちが集い立ち上げた“九州ツーリズム・コンソーシアム「ムラたび九州」”
今年度は、ムラを活性化する次世代の人材育成の講座をテーマ別に各地域で開催致します

<開催地とテーマ>
「ムラにインバウンド」福岡県宗像市
「ムラに泊まる」   佐賀県三瀬村
「ムラで遊ぶ」    宮崎県延岡市
「ムラの旨食」    鹿児島県南さつま市
「一年間の総集編」  熊本県あさぎり町

==============================
◆ムラにインバウンド (福岡県宗像市)
主催:宗像鯱の会
==============================
この講座では、現在営まれている本業や、地域の資源を活かすことで、外国⼈旅⾏者をムリなく受⼊し、地域づくりにつなげていくポイントを実践的に修得します。現在、すでに観光関係の事業に携わっている⽅はもちろん、これから「インバウンドって何んぞや?」と関⼼をお持ちの⽅も、ぜひご参加ください!

第1回「農⼭漁村に泊まる」×「インバウンド」で、地域を活かす!〜インバウンドの可能性〜
8⽉27⽇(⽉) 15時〜17時  講師:エバレットケネディブラウン⽒  藤瀬吉徳⽒

第2回海外の⽅々がムラに泊まるとは?〜外国⼈旅⾏者に選ばれる地域に必要なコト〜
9⽉30⽇(⽇)15時〜17時  講師:パルマタイラー⽒  飯⼲淳志⽒  島村奈津⽒

第3回地域の⾃然資源を活かしたインバウンド受⼊実践〜⼤⼈の「野遊び」が地域を動かす!
10⽉29⽇(⽔)15時〜17時  講師:後藤健市⽒  ⼭⼝久⾂⽒  枌⼤輔⽒

詳細は、こちらよりPDFをダウンロードの上ご参照ください。

お申込みは、こちらの専用フォームよりお願いいたします。

==============================
◆ムラに泊まる (佐賀県三瀬村)
主催:三瀬村農泊推進協議会
==============================
ムラに泊まる醍醐味とは?この地域だからこそ提供できる価値「ムラたび」を実践していきます。

第1回 農山村(田舎)に泊まる
 9月 3日(月)13 時 30 分 ~ 17 時 30 分
<講師:江藤理一郎(木魂館)、飯干淳志、本田節、小金丸麻子>

第2回 農山村(田舎)へ客を呼び込む方法
10月10日(水)13 時 30 分 ~ 17 時 30 分
<講師:菊池秀一(阿蘇山上観光復興グループ会長)、養父信夫、南謙三、二田茂行>

第3回 農山村(田舎)への泊まり方
11月 5日(月)13 時 30 分 ~ 17 時 30 分
<講師:吉澤寿康(ゲストハウス阿蘇び心)、加悦典子(ぶどうの樹)、髙瀬伶(ゲストハウスHAGAKURE)、下津公一郎>

第4回 農山村へ泊る魅力の創り方と集落まるごと地域づくり
12月10日(月)13 時 30 分 ~ 17 時 30 分
<講師:九州農政局、本田節、飯干淳志、養父信夫>

お申込・問合せ
認定NPO法人地球市民の会(TPA)内   
TEL.0952-24-3334  FAX.0952-26-4922  
Eメール: office@terrapeople.or.jp
http:// terrapeople.or.jp/main/1102

==============================
◆ムラの旨食 (鹿児島県南さつま市)
主催:NPO法人エコ・リンク・アソシエーション
==============================
ムラたびの真髄は「食」のもてなし。地域の食文化をどのように伝えるのか、体験してもらうか?をテーマに実施します。

第1回 開校式
 8月 8日(水) 10時~15時<講師:本田節、飯干淳志>

第2回 「食」×「地域」=食文化
 8月27日(月) 10時~15時<講師:本田節、千葉しのぶ>

第3回 九州圏内の「ムラの旨食」
 9月19日(水) 10時~15時<講師:本田節、養父信夫>

第4回 
10月24日(水) 10時~15時<講師:本田節、飯干淳志、⼭⼝久⾂>

お申込・問合せ
NPO法人エコ・リンク・アソシエーション電話:0993-53-7270 mail:ikehara@eco-link.jp
==============================
◆1年の総集編
主催:九州ツーリズム・コンソーシアム「ムラたび九州」
==============================
九州圏内の地域づくり、ツーリズム実践者が集い、各地の取組み内容や実績を共有していきます。
【日   時】2019年2月2日(土)14:00 ~ 3日(日)13:00
【会   場】食・農・人総合研究所リュウキンカの郷(熊本県球磨郡あさぎり町)
【参 加 費】一人23,000円:研修費、宿泊費(1泊3食)含む
【申込・問合】九州ツーリズム・コンソーシアム『ムラたび九州』 info@muratabi-kyushu.com

1